微生物や微量要素の働きを活用する「特別ミネラル栽培」


▼古来は強精食として珍重されたアピオス(ほどいも)は栄養学的に見ても極めて優れた食品です。
▼自家製堆肥で作りました!太陽の光をたっぷり浴びて真っ赤になった、甘〜い「蜜入りりんご(サンふじ)」です。
▼梨部会は味に自信あり!限られた高級スーパーにしか並ばない「特別ミネラル栽培の梨」はいかがですか。

[PR]作物の病気・害虫でお困りの際はいつでもご連絡ください。⇒株式会社井手商会

●成長促進効果と発酵促進能

  1. TB21菌の成長促進効果

  2.  TB21菌によって生産される「シデロフォア」は鉄輸送化合物と呼ばれ、地中のわずかな鉄イオンと結合し、植物に鉄分を運ぶ働きをします。つまり、TB21菌は、植物や病原菌の生育に必要な栄養分である鉄イオンを「シデロフォア」という物質を利用して土中から取り込み、植物の方のみにだけ渡す働きをしています。

    TB21菌成長促進効果

     Bacillus subtilis TB21菌を投与した立枯病のハツカダイコン(右)は、投与しない(左)よりも生育が良いことがわかります。

    ハツカダイコンの生長促進効果(播種22日後)
    試験区 草丈(cm) 展開葉数(枚) 根長(cm) 地下部重量(g)
    対象区 10.5 4.1 7.6 29.02
    TB21菌投与区 14.5 4.9 11.1 69.01


  3. TB21菌の発酵促進能

  4.  TB21菌は、高い菌体外酵素活性を示し、畜産廃棄物(豚・牛・鶏の糞尿)および食品残渣など、有機物の発酵速度を大きく促進し、無臭で感触も良い良質な堆肥を短期間で得られます。
     TB21菌を利用して製造された堆肥は、農産物の生育を促す鉄輸送化合物「シデロフォア」および植物病原性真菌の発育を抑制する抗菌物質「イツリン」、「サーファクチン」などの働きが期待できるため、一般の堆肥と異なった高い価値を有します。

    トップページに戻る