微生物や微量要素の働きを活用する「特別ミネラル栽培」


▼古来は強精食として珍重されたアピオス(ほどいも)は栄養学的に見ても極めて優れた食品です。
▼自家製堆肥で作りました!太陽の光をたっぷり浴びて真っ赤になった、甘〜い「蜜入りりんご(サンふじ)」です。
▼梨部会は味に自信あり!限られた高級スーパーにしか並ばない「特別ミネラル栽培の梨」はいかがですか。

[PR]作物の病気・害虫でお困りの際はいつでもご連絡ください。⇒株式会社井手商会

●枯草菌(こそうきん)TB21菌について


  1. 毒性


  2.  枯草菌(稲ワラなど、枯草に住み着いていることから、こう呼ばれているようです。)は納豆菌の類縁であり、日本においては長年にわたって安全性が確かめられています。また、特に病原性の報告もなく、遺伝的、かつ生化学的な基礎データは大腸菌に次いで多く、遺伝子組換え体の宿主としても安全性が確認されています。当然ですが、植物に対する悪影響も見いだされていません。

  3. TB21菌の性質


    • 真菌(カビ)発育抑制

    • 動・植物由来の病原性真菌の発育を阻止する。
      【メカニズム】
      1)病原菌を破裂させる真菌発育抑制物質「イツリンA」を産生する。
      2)病原菌の細胞膜に穴を開ける「サーファクチン」を産生する。

    • 成長促進効果

    • 植物の成長が促進されます。
      【メカニズム】
      1)病原菌の必要とする栄養分を取り込む「シデロフォア」の産生により、病原菌を兵糧攻めする。

    • 発酵促進

    • 食品残渣、家畜糞尿等の発酵速度を大きく促進し、無臭有機質肥料を短期間で作成します。

    • 消臭効果

    • アンモニア臭やアミン臭の発生を低減します。

    • 肥料効果の発現

    • 難溶性リン酸の溶解があります。


    次は、枯草菌の真菌発育抑制能についてです。