微生物や微量要素の働きを活用する「特別ミネラル栽培」


▼古来は強精食として珍重されたアピオス(ほどいも)は栄養学的に見ても極めて優れた食品です。
▼自家製堆肥で作りました!太陽の光をたっぷり浴びて真っ赤になった、甘〜い「蜜入りりんご(サンふじ)」です。
▼梨部会は味に自信あり!限られた高級スーパーにしか並ばない「特別ミネラル栽培の梨」はいかがですか。

[PR]作物の病気・害虫でお困りの際はいつでもご連絡ください。⇒株式会社井手商会

●枯草菌の真菌発育抑制能


 TB21菌は多くの真菌の発育を抑制するため、土壌改良に利用することで『病気になりにくい土作り』のお手伝いをすることが出来ます。

▼シャーレ試験
 
 真菌発育抑制のメカニズムとして解明されているものの一つは、TB21菌による真菌発育抑制物質の産生です。
 植物の病気は、真菌すなわちカビによるものが非常に多く、土壌中の病原性真菌の蓄積は、連作障害の大きな原因でもあります。
 下表はTB21菌に発育が抑制される真菌の例です。
抗菌スペクトル
植物病原菌 由来 発育抑制
真菌(カビ)
Alternaria mali IFO 8984 リンゴ斑点落ち葉病 +
Cercospora kikuchii NIAES 5039 ダイズ紫斑病 +
Phytophthara infestans IFO 5547 トマト疫病 +
Phytophthara capsici 09001 カボチャ疫病 +
Botrytis cinerea Bot 1 キュウリ灰色カビ +
Rhizoctonia solani NIAES 5219 イネ紋枯病 +
Rhizoctonia solani K-1 ケイトウ立枯病 +
Rhizoctonia solani MAFF 03-5223 芝の病原菌 +
Pyricularia oryzae NIAES 5001 イネいもち病 +
Cochliobolus miyabeanus NIAES 5425 イネごま葉枯草病 +
Fusarium oxysporum f.sp.cucumerinum NIAES 5117 キュウリ萎ちょう病 +
Fusarium oxysporum f.sp.lycopersici race J1SUF 119 トマト萎ちょう病 +
Fusarium oxysporum f.sp.radicis-lycopersici KEF 2R-1 トマト萎ちょう病 +
Fusarium moniliforme H-110 イネばか苗病 +
Fusarium roseum f.SP.cerealis 030201 トウモロコシ立枯病 +
Fusarium oxysporum f.sp.fragarariae 02010402 イチゴ萎ちょう病 +
Fusarium oxysporum f.sp.spinaciae 0201501 ホウレンソウ萎ちょう病 +
Pythium ultimum Trow H-1 野菜苗立枯病 +
Verticillium dahliae klebahn V-3 トマト半身萎ちょう病 +
Gibberella zeae 030101 小麦赤カビ病 +
細菌
Xanthomonas oryzae IFO3998 イネ白葉枯病 +
Xanthomonas campestris pv.citri QN 8206 カンキツかいよう病 +
Pseudomonas caryophylli A カーネーション萎ちょう細菌病 +
Pseudomonas solanacrearum TOM-w トマト青枯病 +
Pseudomonas syringae pv.lachrymans P1-7415 キュウリ斑点細菌病 +
Pseudomonas glumae ku 8106 イネもみ枯細菌病 +
Agrobacterium temefaciens Ku 7501 根頭がんしゅ病 +
Erwinia carotovora subsp.carotovora B9 ブロッコリー軟腐病 +


次は、TB21菌による生物防除のメカニズムについてです。