微生物や微量要素の働きを活用する「特別ミネラル栽培」


▼古来は強精食として珍重されたアピオス(ほどいも)は栄養学的に見ても極めて優れた食品です。
▼自家製堆肥で作りました!太陽の光をたっぷり浴びて真っ赤になった、甘〜い「蜜入りりんご(サンふじ)」です。
▼梨部会は味に自信あり!限られた高級スーパーにしか並ばない「特別ミネラル栽培の梨」はいかがですか。

[PR]作物の病気・害虫でお困りの際はいつでもご連絡ください。⇒株式会社井手商会

●枯草菌(こそうきん)TB21菌について

 特別ミネラル栽培で使用される「TB21菌」は, 枯草菌(こそうきん)の中のひとつです。枯草菌(稲ワラなど、枯草に住み着いていることから、こう呼ばれているようです。)は納豆菌の類縁であり、日本においては長年にわたって安全性が確かめられています。また、特に病原性の報告もなく、遺伝的、かつ生化学的な基礎データは大腸菌に次いで多く、遺伝子組換え体の宿主としても安全性が確認されています。当然ですが、植物に対する悪影響も見いだされていません。
枯草菌(こそうきん)TB21菌について詳しく読む…

●枯草菌の真菌発育抑制能

 TB21菌は多くの真菌の発育を抑制するため、土壌改良に利用することで『病気になりにくい土作り』のお手伝いをすることが出来ます。
 真菌発育抑制のメカニズムとして解明されているものの一つは、TB21菌による真菌発育抑制物質の産生です。
枯草菌の真菌発育抑制能についてさらに詳しく読む…

●TB21菌による生物防除のメカニズム

[真菌発育抑制物質]
 TB21菌は抗菌性を示すことから、菌体外に抗菌性物質を生産していることがわかります。TB21菌の生産する様々な物質を分析し、抑制物質は環状ペプチド抗生物質イツリンAおよびサーファクチンであると同定されました。
生物防除のメカニズムについてさらに詳しく読む…

●TB21菌による生物防除の実証試験

 トマトの青枯病、根腐れ病、苗立枯病およびメロン根腐れ病等、真菌が原因である多くの植物病害に有効であることが、ポットおよび圃場で確認されています。例えばトマトの青枯病に対する効果を調べる実験では、病原菌を混合した土壌にトマトの苗を植えたところ、2週間後に苗の80%が枯死しましたが、TB21菌を土壌に混合すると枯死率は50%に減少しました。また、イツリンを含む菌の培養液を土壌に混合した場合、枯死率は10%に激減しました。
生物防除の実証試験についてさらに詳しく読む…

●成長促進効果と発酵促進能

 TB21菌によって生産される「シデロフォア」は鉄輸送化合物と呼ばれ、地中のわずかな鉄イオンと結合し、植物に鉄分を運ぶ働きをするため、植物の成長を促進します。
 また、TB21菌は、高い菌体外酵素活性を示し、畜産廃棄物および食品残渣など、有機物の発酵速度を大きく促進し、無臭で食感も良い良質な堆肥を短期間で作るお手伝いをします。出来上がった堆肥は農産物の生育を促す「シデロフォア」および植物病原性真菌の発育を抑制する「イツリン」「サーファクチン」などの働きが期待できます。
成長促進効果と発酵促進能についてさらに詳しく読む…
Net Office Nakai
キーワードが複数の場合は 半角スペース で区切ってください